はじめての事故

9月29日(日)ピョウタンの滝ツーリングからの帰路

岩見沢の本屋でバイク雑誌を買い

自宅に帰る途中の光珠内の

片側2車線道路で事故は起こりました。


時間は18時半ぐらい

2車線道路に入る手前で

私の前に3台くらい軽自動車が

繋がってゆっくり走っていました。


この場所は結構

パトカーで取締しているので

私も慎重に走っていましたが

光珠内の2車線に入ると

乗用車はたいがい

追い越し車線をそのまま走って行くので

私は走行車線を走って

加速して行きました。


辺りはもう暗く

ヘットライトの明かりを頼りの走行


先行している

乗用車をを抜き

横、後ろを確認して

前を向くと

道路の街路灯に照らしだされたトラック

完全に進路の2車線を塞いだ形で止まっていました。


ブレーキをかけようと思った瞬間

トラックがバックして

私の前の走行車線が開きました。


加速途中だったので

フルブレーキでやっと

止まれるくらいの距離しかなかったので

ラッキーと思い

もう一度加速


トラックの前を通り過ぎようとした瞬間

トラックが動き始め

トラックの助手席が私のすぐ右前方に


ぶつかる!


と思った瞬間。


パーンという乾いた音。

ヘルメットにかかるガラスの破片

右上腕部にシビレたような痛み


トラックの前を通り過ぎ

一瞬の間を置いてブレーキ

やけにゆっくり停止しました。

(それもそのはず、フロントブレーキが使えず

リアブレーキだけで止まったので。)



バイクを降りた時

右手・腕に、ぶつかった衝撃を感じ

一回座り込んで

何が起こったのか

頭の中で考えていました。


バイクが車道に

少しはみ出ていたので

バイクを動かそうと右手でハンドルを握ると

指に痛みがあり

フロントブレーキレバーが上を向いていました。


画像


画像


画像


この時、一段とハーレーの車重320kgを実感じました。

どうにか路側帯にバイクを寄せ終えると、

トラックの運転手が近づいてきました。


私が『何処見て運転してるのよ!』というと

『ライトつけて走ってか』と言ってきたので

『ふざけんな、この糞爺!見れば点いてるか点いてないか解るだろう!』


このおやじと言い合ってても仕方が無いので

とりあえず警察に電話


・・・が通じない

3回かけて気づきました。

頭では『110番』と思っていたのに

指は『011』と押していた(笑)

これじゃ一生通じない。


警察に繋がり状況説明。

救急車を呼びますか?の問いに

右腕と手は痛いが

転倒していないので、後で自分で行くと言いました。

それより場所を説明するのに時間がかかりました。


美唄に住んでいると

光珠内のオービスと言えば大体分かるはずですが

なんせ『110番』でかけたので

札幌に繋がり

場所説明するのに時間がかかりました。


携帯に美唄警察署の電話番号も登録されているのに

動揺していて思いだせませんでした。(笑)


警察も現場に到着し、現場検証に立ち会いました。

警察官から『よく転倒しなかったもんだ!』

『うまいもんだだって。』

お褒めの言葉。(笑)

スピード結構でていて

とっさに突っ切るしかないと思ったので

ぶつかった辺りにはブレーキ痕もなく・・・



ブレーキをかけていたら

トラックの方が先に前に出たので

確実にトラックにぶつかっていたか

路外に飛び出していて

このブログも書けない事態になっていました。


ただ、当たる瞬間に無意識にブレーキに

指を掛けようとし

骨折したと思います。




警察に状況説明してる間に

右手はドンドン腫れあがり

画像


画像


何度か警察官から大丈夫ですか?と聞かれましたが

触らなければ痛くなかったので・・・

大丈夫。大丈夫って言ってましたが

内心は『ちょっとヤバいかも・・・』と思ってました。


現場検証も終わり

後の問題はバイクをどうするか?ということでした。


幸い(?)加害者の家の傍での事故だったので

加害者の家に預かってもらうことに

バイクを動かすにあたって

私以外、誰もバイクの免許を

持ってないということ。


しかたなく、警察官で

保管場所まで押して行くことに。


バイクを押し慣れてないと

バランスを取るのが難しく

警察官4人がかりで

100mほど離れた加害者宅へ

『エッコラ・ヤッコラ?』押していきました。


私は手を怪我しているので

セキュリティが鳴らないよう

鍵を持って付いて行くだけでした。(笑)


バイクを車庫に入れ

嫁の運転する車で

夜間救急をやっている

美唄市立病院を受診。

レントゲンの結果

『折れているか?

ヒビが入っている』との診断

翌日、専門医にかかるように言われました。


翌日は美唄の労災病院を受診。

右手中指は『開放骨折』しているとの診断。

CTを撮って詳しく見る必要があると言われ

後日CTを撮り、『指の骨がやはりズレている』とのこと


『このままでも、くっつくような?

手術が必要なような?微妙な状態』だそうです。



10月9日(水)現在

レントゲンをとり診察の結果

手の骨が前以上ズレていないので

このまま手術しないで

週に1度受診しレントゲンで見ながら

経過観察していくことになりました。


画像


今は指先をテープで止めている状態です。

(これは食事バージョン)


中指が薬指側に曲がっているので

普段は人差し指と繋いでます。

今はこれで終わりです。

後は関節が固くならないように動かせと言われます。

これが痛い!!


PS

只今、何とか骨をくっつけて

今年最後にバイクに乗れないか?

思案中





























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

直管SR
2013年10月10日 10:39
指もそうですが、バイクは直るんですか?

今年はもう乗らないほうが・・・
アキスラ
2013年10月10日 10:50
バイクは相手の保険屋のOKが出れば修理するって、オートランドで言ってた。1週間くらいで治るって。15万円くらいかかるみたいだ。
XL883N
2013年10月16日 15:38
指以外、ご無事で何よりです。

この記事へのトラックバック