天気予報で雨の降らないツーリングコース

9月7日(日)

前の日から

天気予報を見ていると

道北は雨の確立が高かったので

道東方面か?

道央(南)方面か?

何処にツーリング行くか迷っていました。


とりあえず早起きてから考えようと

10時前に就寝


夜中に

『ザアー!!』

という

雨の音で目が覚めました。

『これはロングツーリングは無理だな』と思い

6時すぎにゆっくり起床。


テレビやらインターネットの

ピンポイント天気予報で


検討の結果!


留萌方面は天気がよさそうだったので

幌加内から霧立峠を通り

苫前・留萌を回る予定で

自宅を出発しました。


幌加内の町に到着。

幌加内と言えば蕎麦

先週は新そばまつりもやっていたみたです。

ここで腹ごしらえと思い

『何処で食べようか?』

辺りを見回して走っていると

『八右ヱ門』右の看板を発見

何かの雑誌て見たような?

気がしたので行って見ることに



11時10分頃

蕎麦屋八右ヱ門到着。


画像


すでに駐車場には

バイクが2台と車が2台止まってました。


するとバイクの人が

11時半開店ですよ』といい。

とりあえず店の前で待つ事に

段々開店時間の11時半が近づくにつれて

待つ客が増えて行き

30人くらいになりました。

その後も増え続けていました。


最初の方に並んでなかったら

多分別の店に行ってました。(笑)


日本人っていうのは

お行儀がいいので

自然と列になり

皆、要領を得た感じで

おとなしく並んでいました。

店の人は全くでてこないのに(笑)


店に入ると

店員さんは全ての人の店に入った

順番を覚えているらしく

入った順番に

注文を聞いていました。


私が頼んだのは

二色もりの大盛

900円+200円(大盛代)=1100円

画像


田舎蕎麦(十割)は

太~く、腰があり

なかなかの食べ応えでした。


ただちょっと量は

私にとっては物足りない感じでした。

大食漢を目指しているので(笑)



まだ、待っている人が

外に大勢いるので早々に

店を出て、幌加内の道の駅

こちらの蕎麦屋は空いてました。(笑)


道の駅をでて政和に入ると

道路が濡れていました。

進行方向の山を見ると

雲がかかってかなりの雨が降っているような様子・・・


こりゃダメだ

画像


予定を変更して帰ることに・・・


さっきの蕎麦屋にいて

一足先に出て行った

二人組のライダーも引き返してきました。


幌加内の町を抜けたあたりから

進行方向が黒い雲に覆われ

こちらもヤバイ雰囲気が・・・

唯一、旭川方面が晴れていたので

旭川に向かうことに


そこで今年の春に

リヤタイヤがパンクした

江丹別峠を越えることに

画像


頂上を越えたあたり

画像


山の奥に見えるは

旭川の街か?

画像


無事峠を越え

パンクして止まった辺りに

差し掛かると

画像



立派な

オンコ並木

どうやら、前はパンクして

焦っていたので

気付かなかったみたいです。(笑)


奥には橋があり

その先は牧草地の中を

登っていくような感じなので

私のBIGバイクでは

当然無理なので諦めました。


見てると

乗用車で来た人は

車で登って行きました。



この前は

レッカー車に積まれて

走ったルートを通り

旭川に向かうと

旭川の北側の空は曇って


雨を避けて

南側の経路から回り込み

道の駅に立ち寄り

自分の酒の肴用に

塩ホルモン・若鳥の燻製・ラム串を買いました。

ここから、12号線へ出て

深川方面に行こうと走りだしました。

!!空を見上げると


またまた

目の前に真っ黒い雲

辺りを見回すと

唯一、美瑛方向が晴れてました。


透かさず、進路を国道237号にとり

美瑛方面に向かいました。


案の定、美瑛は

画像


良い天気ですが

後ろを向くと

画像


真っ黒い雲が付いてきていました。


所々道路が濡れたところはありましたが

富良野、三笠を回り

雨に当たらず

5時過ぎに自宅に帰りました。


今回のコース

画像


距離にして約300kmでした。








"天気予報で雨の降らないツーリングコース" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント