年の暮れに・・・

12月30日(火)実家のある

せたな町に帰省しました。


前日の夜から

なにやら足の裏

熱をもったように

”モゾモゾ”してなかなか寝付けず


30日朝には

体がちょっとだるい様な


10時に美唄を出発して

札幌の各々の娘の家に

美唄で買った

大量の日用品をアパートに届け


家内の希望で

大型書店のコーチャンフォーに寄り

買い物後、駐車スペースが

たった1台分だけ空いた

らーめん屋さんで昼食。

年末なのでどこも混んでる!


北広島から高速道路に乗ろうとしましたが

親戚に配る

お土産のお菓子を買ってないことに気づき

あわてて

36号線沿いを探しましたが

なかなか見つからず

結局道の駅恵庭で購入!

千歳から高速道路に乗りました。


高速道路に乗ってから

身体の節々がまた痛くなってきたのと

いつもの習慣の昼寝の眠気が

襲ってきたので

娘と車の運転を変わり

お昼寝タイム!

国縫までしばし睡眠


ひとしたので

当然!身体は楽になり

国縫からは

また、

私が実家まで運転し

18時頃に到着しました。



実家に到着後、

きたひやま温泉に行き入浴。


身体も温まった所で

実家に戻り

宴会!


この頃には

妹家族も実家に集まり

総勢13人と一匹(うちの犬)


呑み始めると

なんだかビールがものすごく苦く

なんだか身体も

体重が急に倍になったようにだるくなってきました。

ほとんど何も食べないまま

寝ることにしました。



唯一、お酒の飲んでいない妹

体温計と栄養ドリンクを

買ってきてもらい

体温を測ると

なんと!『39.6度

生まれて初めて見る数字!


身体はこわいけど

そこまで熱が出ている感覚がないので

何かの間違いではと思い

もう一度、測り直すと

やっぱり同じ数字


ありゃ~!!


とりあえず寝るのが一番なので

まず~い栄養ドリンクを一気呑み

そのまま就寝!


朝6時くらいに起きて

体温を測ると

まだ昨日と同じくらいの数字

身体の痛みをこらえつつ

また、ひと眠りし


9時くらいに

なんだか身体が軽くなったようなので

もう一度測ると

38.1度

おっ下がった!



そのまま起きて

食欲もあったので

朝飯を食べ

新聞で緊急当番医を探すと

隣町の今金町の国保病院

10時から12時まで診察しているとのことでした。



2時間かよ!と思いつつ

いそいで自分で運転し今金の病院へ


今金の病院の待合室には

2・3組の患者が待っていました。


受付の人に

『なるべく他の人と離れた所で待って下さい!』と言われ

待合室の他の人から

離れたところで待っていると



今度は看護師が来て

『伝染病の疑いがあるので隔離します!』

と言われ

隔離室に連れていかれました。


隔離室は待合室の横に

幅2m奥行き6mくらいの

ガラス張の壁で仕切られ

中に長椅子が2・3脚縦に置いていて

各々がカーテンで仕切れるようなっていました。

また、真ん中にポータブルストーブ

一個置いてありました。

そこには先客の親子がひと組

待っていました。



中で待っていると

看護師がやって来て

鼻の穴に綿棒みたいのを突っ込まれ

インフルエンザの検査が行われました。



これでうちの長男は

美唄の病院で鼻血を出しました!(笑)



待っていると救急車が到着したみたいで

看護師が救急車を優先しますので

待ってて下さいとのこと


12時にくらいに

やっと呼ばれ

診断は

インフルエンザの反応はなく

ただの風邪

熱と少々の喉の痛み以外

咳・鼻水は全くなく・・・


その日は

家に帰ってからまた

熱が39℃近くまで上がりました。


熱が下がったのは

1日の夜

喉が少々痛いくらいで

咳・鼻水もなく

食欲もでてきたので

正月用に買ってきた

日本酒を飲みました。



この風邪のため

呑めないのでは?と思っていましたが

間に合った!

っていうか

間にあわしました(笑)




追伸

ずーと

同じ部屋に寝ていたうちの家内には

風邪は全くうつりませんでした。

おそらく、病人以上に栄養休養をとって

蓄えていたためと思われます。


なんせ、病人の私以上にゴロゴロしてたので!


"年の暮れに・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント